読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【VASILY Weekly Report】2017/01/16-2017/01/22

VASILY WeeklyReport 企業ブログ

こんにちは、広報の坂井です。

皆さま、土日はどのようにお過ごしでしたか?私はスノーボードが大好きなので行ってきました!今度社員と一緒に行きたいなぁと勝手に企んでいるところです。

さて、今週の【VASILY Weekly Report】をお届けします!

 

*テックブログ

1月20日(金)、VASILY DEVELOPERS BLOGが公開されました。今回は、Androidエンジニア堀江による『AndroidアプリのQA実施に必要な作業を自動化する』。

Androidアプリのリリース前に毎回社内で実施しているQAの作業の自動化について、仕組みを紹介しています。

tech.vasily.jp

こちらのブログの内容を非エンジニア目線でご紹介しているブログはこちらです!

company.vasily.jp

 

*社員紹介/データサイエンティスト後藤

不定期で、VASILYの社員紹介をはじめました。第1回はデータサイエンティストの後藤。

入社1年目の彼が、これまでを振り返りながら今年の抱負も話してくれました。

company.vasily.jp

 

*社員紹介/バックエンドエンジニア北條

第2回はバックエンドエンジニア北條!北條はもともと、iQONの中で5000人近いフォロワーがいる有名なユーザーでした。そんな彼女がiQONの企画のアルバイトとしてVASILYへ入ってから、プロダクトに関わるエンジニアへと成長した話を紹介しています。

f:id:vasilyjp:20170120180518j:plain

company.vasily.jp

 

*今週のVASILY-Yeah!

今週から新しくはじまった「今週のVASILY-Yeah!」。このコーナーでは、社内連絡ツールslackの「VASILY-Yeah」チャンネルに投稿された内容をお届けします!VASILY-Yeah」チャンネルには、『リリース、受注、料率アップ、入社』など、全員で喜べるようなうれしいことが投稿されます。

今週このチャンネルに投稿された回数は、11回!一部をご紹介します。

iOSチームにインターン西川くんが参加!

VASILYに新しいメンバーが入ってくれました。iOSチームのインターン西川くん!普段は神戸に住んでいるのですが、現在上京中ということでインターンに参加してくれました。

■ ウェブ、iOSAndroidがそれぞれ新バージョンをリリース

■ サービスの売上向上

などなど…、嬉しいことは全社員で共有しています!

 

*採用情報

現在VASILYでは冬期インターンを募集中です!
気になる方は、ぜひこちらからご応募下さい。

 

また、17年18年新卒や中途採用も随時行っています。募集職種はこちらでご覧ただけます。ご応募お待ちしております!

www.wantedly.com

 

【お問い合わせ】
株式会社VASILY 広報
press@vasily.jp

作業はテクノロジーで効率化を図る!VASILYテックブログを公開しました!

VASILY テックブログ 紹介

こんにちは、広報の坂井です。

本日、VASILY DEVEROPERS BLOGが公開されました。今回のタイトルは『AndroidアプリのQA実施に必要な作業を自動化する』。

tech.vasily.jp

執筆者はAndroidエンジニアの堀江です!

f:id:vasilyjp:20170120161421j:plain

 今回も、非エンジニア目線でも分かるように、紹介していきたいと思います!


 ー 堀江さんよろしくお願いします。まず、今回のブログの内容について簡単に教えていただけますか?

はい、Android版iQONのリリースは約1〜2週間に1回行っており、リリース前には社内QAを実施していますが、このQAの実施に必要な作業を自動化しました。今回は、具体的にどのように自動化したのかご紹介しています。

 

これ、本当に便利な機能ですよね。こういう作業って意外と時間かかりますし…。

はい、QAを実施するために必要な作業は定型な作業ですが、手動で行うと思いの外時間が掛かりますし、作業の抜け漏れが起きる事もあります。

一度自動化してしまえば作業に抜け漏れがなくなり、自分たちの時間も節約できます。

 

テクノロジーの力で時短と効率化、VASILYらしいです。具体的にどのようなことをしているのでしょうか?

QA開始からQA終了までの流れを整理すると、このような流れになっています。

1. QAの開始・終了日時をSlackで全員に通知

2. GoogleスプレッドシートでQAシートを作成

3. Qiitaチームにリリースノートを作成

4. APKを作成しBetaで社内に配布

5. SlackでQA依頼

6. QA終了日時を過ぎたらSlackにQA終了報告とお礼を投稿

これらの中で、今回は『2、3、4』の部分を自動化することにしました。6の終了報告と御礼については、QAの終了日時が伸びるかもしれませんし、たくさんのフィードバックをもらえてお礼の文言を変えたい場合もあるかもしれないので、手動のままで行っています。

 

お礼は心を込めて人の手で…大切なコミュニケーションですもんね。素晴らしいです!自動化した部分が、どのような流れになっているのかを教えていただけますか?

はい、slackに「android qa」と投稿するとbotが反応して以下のことを行ってくれます。

1. 自動でスプレッドシートにQAシートを生成

2. Qiitaにリリースノート(リリースの日程やQAの期間など概要)を作成&投稿

2. 開発したプログラムをBeta版のアプリにして、社員のスマートフォンに配る

 

アイコちゃん(社内botのイメージキャラクター)、働き者ですね!!(笑)

(ちなみにこちらがアイコちゃん。デザイナー権による、VASILYオリジナルキャラクターです!)

f:id:vasilyjp:20170122150529j:plain

この機能、使い道がたくさんありますよね!

はい、bot機能は社内の様々な部分で活用しています。例えば、毎週行っているテックミーティングの議事録の作成、slackの投稿への反応、オフィスの鍵の開け方まで、幅広く活用しています。

f:id:vasilyjp:20170120162314j:plain

堀江さん、ありがとうございました!


 業務の中で起きる様々な作業はテクノロジーで解決。いかにもVASILYらしくて良いテーマでした。様々な仕組みを作ってくれて、周りの社員もとても助かっています!

エンジニアの皆様向けにとても分かりやすく紹介してくれているので、参考にしてみてくださいね!

VASILYは昨年、Google Playのベストイノベーティブアプリ部門にて大賞を受賞しました。あなたも、世界で唯一3年連続ベストアプリに輝いたファッションアプリの開発現場で働いてみませんか?

現在、インターン・正社員ともに募集を行っています。

気になる方は、こちらをチェック!

www.wantedly.com

ご応募お待ちしております。

 

【お問い合わせ】
株式会社VASILY 広報
press@vasily.jp

【社員紹介インタビュー】iQONのバックエンド技術を支える。〜エンジニア北條が語る自社サービスへの想い〜

VASILY 社員紹介インタビュー エンジニア

こんにちは、広報の坂井です。

ここ数日、先週末に比べ気温が上がっているため、勝手に春への期待を膨らませています。が、まだまだ寒さは続きくようですね…。(寒がりの皆さん一緒に頑張りましょう!)

さて、【社員紹介インタビュー】をお届けします!

第2回は、バックエンドエンジニアの北條。新卒でVASILYへ入社をして女性エンジニアとして活躍する彼女に、これまでの振り返りと今後についてインタビューしてきました。

じょー(北條の社内でのニックネーム)、よろしくお願いします!


 PROFILE

北條さやか。千葉県出身。慶応義塾大学理工学部電気電子工学科を卒業後、同大学大学院理工学研究科総合デザイン工学専攻に進学。修士課程修了。学生時代に企画職でVASILYのアルバイトを経験後、2015年新卒入社。バックエンドエンジニアとして活躍中。

 

f:id:vasilyjp:20170120105640j:plain

思わぬ一言からエンジニアの道へ

ー 入学した学部を見ると、かなり前から今の道を考えていたのかと思いますが、興味を持ったきっかけは? 

電気工学科への入学を決めたきっかけは、CGの魅力にはまったからです。もともと絵を書くのが好きでしたが上手ではなく…、当時流行っていた『龍が如く』というゲームを見て、「これ(CG)なら絵が下手でも書けるかも!」と思い興味を持ちました。ただ、当時はCG一本に絞った学校に行く勇気がなく、CGと分野の近い画像工学のある電気電子工学科への進学を決めました。

 

動機が面白すぎます。(笑) 魅力に感じたことから、その学部に進学しちゃうんだから凄いですよね…。その後、エンジニアを目指すことになるきっかけはあったのでしょうか?

実は「エンジニアを目指そう」と思ったのは、VASILYのアルバイトに来てからなんです。ちょうど就活の時期で、当時は消費財系の企業のマーケティング職を志望していました。大学でも機械学習を使うためにコーディングはしていましたが、正直なところ、それを職にしていきたいという程には興味が持てていませんでした。

就活の息抜きとしてもiQONを使っているうちにどんどんはまっていき、アルバイト募集のバナーを見て受けたんです。最初は企画職としてアプリの改善案を考えたりしていたのですが、代表の金山から「コード書けるんだったら実装もやってみたら?」(実際はもっと勢いよく!(笑))と言われたのがエンジニアを目指したきっかけです。
それまで学んでいた機械学習ではなくアプリケーションエンジニアリングに触れて、面白みを感じました。

 

なるほど。本人から見ると思わぬ一言だったんですね!そこから、VASILYへの入社を決意する決め手はなんだったのでしょう?

もともと社会人になることが憂鬱でした。(笑)でも、iQONの現場で働いていると「学生でいるよりも楽しい。ここで働けるなら社会人になっても良いかも。」と思えたんです。

そう感じた理由は3つあって、1つはiQONというサービスそのもの。自分でアイテムを配置してコーデとして公開するということが新しいと思ったし、すごく面白かったです。単純にサービスのファンだったんです。

2つ目は人。優秀な人が集まる職場が魅力的でした。まだまだ未熟な私でも、質問すると丁寧に教えてくれましたし、常にその人の現状より少し高いレベルのタスクを振ってくれるのでチャレンジしがいがありました。

3つ目は、先程も話に出てきたアプリケーションエンジニアリング。機械学習よりも、アウトプットが目で見てわかりやすいアプリケーションエンジニアリングは私にとって魅力的でした。

この全てがVASILYにはそろっていたので、入社を決めました。

ー じょーはiQON内では有名なユーザーでしたもんね。(当時のフォロワー数は5000人近く!)

 

f:id:vasilyjp:20170119114226j:plain

ユーザーの声を糧に挑戦し続ける

 ー 現在の業務について教えてもらえますか?

現在は、バックエンドエンジニアとしてAPI全般を見ています。APIとは、それぞれのプラットフォーム(iOS/Android/Webなど)で実現することの基盤を作るものです。データの処理やアルゴリズムの設計をしています。

また、バックエンドチームでクローラーの管理も行っているので、API以外の仕事をすることもあります。

自分が関わったサービスがユーザーに届いたときや、ユーザーの皆様が喜んでいることが見えることが、すごくやりがいになっています!

 

ユーザーの皆様から喜びの声が聞けるのは本当に嬉しいですよね。これから挑戦したいことはなんですか?

OSSの公開です。今やっているAPIのキャッシュ周りの仕組みをOSS化していきたいです。エンジニアチームではOSSを公開しているメンバーも多く、自分も挑戦したいと思いました。

 

「インターネットの世界へ貢献する」というVASILYのエンジニアマニフェストにピッタリの目標ですね!では、これからどんな人に入社していただきたいですか?

自社サービスに愛のある人です。それは、サービスを使っているかいないかではなく、自分の作っているサービスを大切にしていける事が重要です。

 

iQONは女性向けサービスですが、男性社員もいる中でとても大切なことですね。最後に、読者の皆様へ一言メッセージをお願いします!

エンジニアという職種は、どうしても男性のイメージが強い職種ですが、実際には男女の差は関係なく、女性も十分活躍できるフィールドです。

特にiQONのような女性向けサービスにおいては、私たち女性社員の意見も重要になるので、これから女性エンジニアがもっと増えてほしいですね!

私自身コーディングが苦手だったので、向き不向きというよりはきっかけさえあれば誰でも挑戦できる分野です。はじめから諦めるのではなく、まずはトライしてみてほしいです!


 ありがとうございました!

今回のインタビューで、実は昔はコーディングが苦手だったと聞いてとても驚きました。それくらい、彼女は現在のVASILYに欠かせない重要なエンジニアへと成長しています。

VASILYで、自社サービスを成長させてユーザーに届ける仕事に挑戦してみませんか?現在、各職種で正社員・インターンを募集しています。

募集中の職種はこちらからご覧いただけます。ご応募お待ちしております!

www.wantedly.com

【お問い合わせ】
株式会社VASILY 広報
press@vasily.jp

【社員紹介インタビュー】データとアルゴリズムを使ってファッションの課題を解決。〜データサイエンティスト後藤の挑戦〜

こんにちは、広報の坂井です。

さて、これから不定期で「社員紹介インタビュー」を公開します。

第1回はデータサイエンティスト後藤!入社1年目の彼が、これまでを振り返りながら今年の抱負も話してくれました。

昨年4月の後藤入社時のインタビューはこちらです!

company.vasily.jp

 

f:id:vasilyjp:20170113142109j:plain

後藤くんは学生の頃から来ているので、新卒といってももっと長くいますよね。学生時代にVASILYのインターンを経験して感じたことはありましたか?

インターンを通じて、大きく分けて2つのことを感じました。

1つは、ファッションのデータを分析することの面白さです。インターンの期間にはトピックモデルという手法を使って、『ユーザーがブランドをLIKEしたデータ』というiQONならではのデータを分析しました。分析を進めていくと『「A」と「B」というブランドが好きなユーザーは「C」というブランドも好きな傾向にある』というブランドのカテゴリが浮かび上がってきました。感覚的に語られがちなファッションという分野で、データ分析によって見えてくるものがあることに面白みを感じました。

2つ目は、社員がスピード感を持って仕事をしていることです。学生の頃は1人で研究することが多く、マイペースになりがちでした。インターンへ来た当時、VASILYではビジネス側の社員もクローラー作成などを行っていて他部署同士のコミュニケーション量も多く、何かを達成するために全員で団結したスピード感に大きな魅力を感じました。

 

4月に入社してからも活躍の連続でしたよね。昨年1年を振り返っていかがでしたか?

去年は、機械学習を使った仕組みをいくつかサービスとして出していった年でした。主に、iQONの「for You」と「類似画像検索」です。チームでこのシステムを作って運用しました。会社として新しいことに取り組めたことはすごく貴重な体験で、研究したことが世の中に出ていくという充実感もありました。

また、この「類似画像検索」でディープラーニングのプロダクトに関わり、ディープラーニングの可能性に改めて感心しました。データとアルゴリズムを使って分析した結果が会社の利益に繋がったということは、なかなか得難い経験だと思います。

f:id:vasilyjp:20170113143204j:plain

以前プレスリリースでも紹介しましたが、「for You」と「類似画像検索」の提供で閲覧数は4倍、購入率は2倍に伸びたことは、会社としても大きなインパクトがありました。現在は、どんな業務に当たっていますか?

現在は、主に既存サービスの改善と新しいサービスの開発を行っています。「for You」と「類似画像検索」は、まだまだ精度を上げていけるので現在改良中です。

新サービスについてはまだ詳しくは言えませんが、大量のコーディネートのデータから、おしゃれさを何らかの形で定量化したり、ファッションセンスが良くなるような知識を獲得できたら、と思っています。
そのために、まずはコーディネート自体の定量化を行っています。それぞれのコーディネートがどんな要素で構成されているかを洗い出し、特徴量を作ることに試行錯誤しています。

 

なるほど。早くユーザーの皆様にお届けしたいですね!最後に、今年1年どんなことに挑戦したいですか?

今年は特に、「検索結果の最適化」にチャレンジしていきたいです。膨大なファッションアイテムの中からお気に入りを探すのは大変な作業なので、ユーザーの利便性をさらに高めるような仕組みの構築を行っていきます! 

 

後藤くん、ありがとうございました!

インターンの時期から活躍し、チームのメンバーとともに会社に大きく貢献してきた後藤くん。今年もますます活躍してくれることを、期待しています!

VASILYのインターンは、実践型を重視して成果はそのままサービスに活用しています。自分が研究したことが世の中に出ていくという充実感、あなたも体感してみませんか?

現在各職種で冬期インターンを募集中です!ご応募お待ちしております!

 

【お問い合わせ】
株式会社VASILY 広報
press@vasily.jp

【VASILY Weekly Report】2017/01/08-2017/01/15

こんにちは、広報の坂井です。

この土日はこの冬一番の寒さで辛かったですね…。まだまだ寒い日は続くみたいなので、皆様お風邪など召されないようご自愛下さい!

さて、今週の【VASILY Weekly Report】をお届けします。

 

*テックブログ

1月12日(水)、VASILY テックブログが公開されました。今回の担当はバックエンドエンジニアの塩崎。先日の新年会のために塩崎が自作した「低温調理器具」の作り方を紹介しています!

tech.vasily.jp

今回の記事は、普段の業務やiQONについてとは離れますが、とても楽しい記事なのでぜひご覧ください。

また、この記事を非エンジニアなりに紹介している記事はこちらです。

company.vasily.jp

 

*Google Playtimeのトロフィーが届きました!

先日、Google Playtime「ベストイノベーティブアプリ」大賞のトロフィーが届きました!社員全員で取り組んだ日々の成果をこのような形で表彰していただき、心より嬉しく思っています!

company.vasily.jp

 

*VASILY書き初め展示中

現在VASILYでは、新年会でみんなで行った書き初めを展示中です!

残念ながら、恥ずかしがる社員が多いため写真は載せられませんが、VASILYにお越しいただいた際は、ぜひご覧下さいね!

f:id:vasilyjp:20170106225448j:plain

 

*今週のFashion Topics

皆さん、年始のセールにはもう行きましたか?私はこの土日に伊勢丹様のセールへ行ってきました。

iQON掲載アイテムもセールアイテムがたくさんあるので、ぜひチェックしてみて下さい!

また、iQONでは現在コンテストを実施しており、2017年のトレンドカラーを使った最旬コーデを募集中です!他のユーザーさんが作ったコーディネートも見ることができて凄く参考になりますよ!

f:id:vasilyjp:20170113194205p:plain

まだこの冬ファッションアイテムを買い足りない方は、ぜひiQONでアイテムを探してみてくださいね!

www.iqon.jp

 

*採用情報

現在VASILYでは冬期インターンを募集中です!
気になる方は、ぜひこちらからご応募下さい。

 

また、17年18年新卒や中途採用も随時行っています。募集職種はこちらでご覧ただけます。ご応募お待ちしております!

www.wantedly.com

 

【お問い合わせ】
株式会社VASILY 広報
press@vasily.jp 

Google Playtime「ベストイノベーティブアプリ」大賞のトロフィーが届きました!

VASILY Google ベストアプリ

こんにちは、広報の坂井です。

先日、昨年12月に受賞したGoogle社主催のPlaytime「ベストイノベーティブアプリ」大賞のトロフィーが届きました!

ドロイド君が乗っていてとても素敵です!

f:id:vasilyjp:20170113183831j:plain

f:id:vasilyjp:20170113183850j:plain

今回の「ベストイノベーティブアプリ」大賞受賞を、社員一同心より嬉しく思っております。

このような賞をいただくことができた背景には、Android開発チームの努力をはじめ、デザイナーによるユーザーフレンドリーなUIの設計、プロデューサーによるパートナーの皆様とのコンテンツ交渉、ディレクターのユーザーに愛される企画作り、バックエンドエンジニアによる強固なインフラや高速APIの開発、データサイエンティストによるデータとアルゴリズムの活用など、社員全員の創造性が詰まっていると感じています。

そして、日頃からiQONをお使いいただいているユーザーの皆様と、ご支援いただいている様々な企業の皆様のお力添えあってこそと、心より感謝しております。

これからも、皆様に愛されるサービスの提供に全力で取り組んでいきます!

ファッションアプリとして世界で唯一、Googleのベストアプリを3年連続受賞しているiQONの運営現場で、あなたも一緒に働いてみませんか?

現在、各職種で正社員・インターンの募集を行っています。ご応募お待ちしております!

www.wantedly.com

  

【お問い合わせ】
株式会社VASILY 広報
press@vasily.jp

今回のテックブログは一味違う…?エンジニア塩崎が自作の低温調理器具を紹介しています!

VASILY テックブログ 紹介

こんにちは、広報の坂井です。

本日1月12日(木)、VASILY テックブログに記事が公開されました!

『会社の新年会用に低温調理器具を作りました』というタイトルの今回の記事。業務の内容とは離れ、先日の新年会で優勝した塩崎自作の「低温調理器具」の作り方を紹介しています!

tech.vasily.jp

f:id:vasilyjp:20170112141944j:plain

 今回もいつも通り、執筆者に質問をしながら非エンジニア目線でテックブログを紹介していきたいと思います。

しおちゃん(社内での塩崎のニックネーム)よろしくお願いします!

f:id:vasilyjp:20170112142143j:plain

坂井「新年会で焼いてくれたお肉、とても美味しかったです!」

塩崎「好評で嬉しかったです。新年会では『年末年始過ごした場所の名産品で温かいものを持ち寄る』という企画を行いました。僕は今年は実家に帰らずアキバ近辺をうろうろしていたので、低温調理器具を自作して何か調理し、皆さんにふるまうことにしました。」

坂井「その発想がまさにエンジニアさんですね…(笑)作りについて少し紹介してほしいなと思います。作ったのはこちらの写真のものですよね?」

f:id:vasilyjp:20170112143227j:plain

塩崎「はい、一定の温度を保ってくれる鍋を作ったので、低温調理が可能になりました。」

坂井「なるほど。それではまず、鍋部分について紹介してほしいのですが、裏についてるオレンジのは何でしょう?」

f:id:vasilyjp:20170112144228j:plain

塩崎「アキバ名物(⁉︎)のメタルクラッド抵抗です。 これに電流を流すと熱が発生します。」

坂井「こんなアキバ名物聞いたことありません!(笑)では、これをコンセントにさせば温かくなるということですか?」

塩崎「そうです。ただ、それだけでは温度が上がりすぎてしまい、今回の目的である『低温調理』ができなくなってしまいます。」

坂井「それで、他の部品も組み合わせているんですね!このカラフルなコードは一体…」

f:id:vasilyjp:20170112144918j:plain

塩崎「これは、温度センサーです。これを鍋の中に入れて温度を計り、PCの画面上にリアルタイムで表示させました。部品本体をそのまま水中にいれると壊れてしまうので、周りをホットボンドで加工しました。」

坂井「すごい!画面を見ていましたが、温度の変化も見れて面白かったです。」

画面には、こちらのグラフが表示されていました。55度で調理できるよう調整されているのが見て分かります。

f:id:vasilyjp:20170112162546p:plain

坂井「では、この黄色い板についてる各部品について紹介してもらえますか?」

f:id:vasilyjp:20170112155514j:plain

塩崎「①はヒューズで、電気の流れすぎを防ぐ安全装置です。②は、飾りです。(笑)アキバの店頭で格好良い部品が売っていたので思わず買ってしまいました。③は、温度の管理をするためのコンピューターです。これが先程のセンサーとヒーターに繋がっています。PCと通信して温度のグラフを表示するのもこの部品です。」

坂井「飾り…。(笑)では、温度自体は、PCから調整できるんですか?」

塩崎「はい、ブラウザで目標温度の設定をすることができます。画面上で温度を設定するとそれが先程の部品③に伝わり、ヒーターを制御します。」

坂井「賢いですね…これでいつでも会社で美味しい肉が食べられますね!楽しみにしてます!(笑)」

お肉は皆で美味しくいただきました!

f:id:vasilyjp:20170112155841j:plain

ブログ作成のために新年会後にまた調理をしてくれましたが、改めて食べた社員からも好評でした!

写真はお裾分け中の塩崎(右)と、試食した後藤(左)です。
(18時30分、オフィス中に香りが広がり、食テロと化してました…)

f:id:vasilyjp:20170112151434j:plain

塩崎は、会社が正月休みの期間に箱根駅伝を見ながらこの鍋を作っていたそうです。

お休みの日でもモノづくりをしてしまうほどエンジニアリングに夢中な社員が集まるVASILYで、あなたも一緒に働いてみませんか?

現在VASILYでは冬期インターンを募集しています!気になる方はぜひこちらをご覧ください!

 

 ご応募お待ちしております!

【お問い合わせ】
株式会社VASILY 広報
press@vasily.jp