読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Androidエンジニア必見!3年連続ベストアプリ受賞の技術者たちが気をつけている9個のルール

VASILY テックブログ Android

こんにちは、広報の坂井です!

本日、VASILY テックブログが公開されました!担当はAndroidエンジニアの西村です。

3年連続でGoogle社のベストアプリを受賞し、昨年は「ベストイノベーティブアプリ」大賞も受賞したiQONの技術者がお送りする『Androidアプリを長く開発し続けるために気をつけている9個のルール』です。

tech.vasily.jp

f:id:vasilyjp:20170223162601j:plain

いつも通り、どんなことが書いてあるのか非エンジニア目線で分かるよう解説していただきましょう!にっしー(社内での西村のニックネーム)さん、よろしくお願いします!


とりあえず、このスタンプすごく特徴とらえてますよね。(笑)

普段から愛用しています。学生時代のアルバイト先のデザイナーさんに書いてもらったのですが、僕にそっくりです!!(笑)

 

本当に似ています!それでは、今回のブログについて、まずはどんなことが書いてあるのか紹介していただけますか?

はい、今回は『Androidアプリを長く開発し続けるために気をつけている9個のルール』をご紹介しています。Android版iQONは今年の4月で丸5年を迎えますが、5年もたつと新機能もどんどん増えて巨大なアプリになっています。

毎年大きなルール変更があるAndroidのアプリをこれだけ長く開発していくには、チーム内でルールを決めて開発していくことが必要不可欠になっていきます。そこで、具体的にどんなルールを設けているのか9個ご紹介しています。

 

その9個がどのような内容か、説明していただけますか?

はい、分かりやすくご紹介すると、以下に気をつけています。

  1. 使用しなくなったデータやコードはすぐに消す
  2. Google社が定めているガイドラインに沿って開発をしていく
  3. Google社以外が提供している技術の選定は慎重に行う
  4. チームでよく使うコードには注意書きを明記する
  5. テキスト、色、余白など必要なデータは、整理して1箇所にまとめる
  6. チーム内でコードのフォーマットを決めて統一する
  7. 画面のデザインを構成するコードはできるだけシンプルに書く
  8. Androidの機能を理解してシンプルにコードを書く
  9. 古い仕組みには目印をつけておく

ということです。どれも当たり前のことではありますが、長くアプリを開発していくためにはとても重要なことです。

 

この中で、特に注目すべきポイントはどこでしょうか?

「2.Google社が定めているガイドラインに沿って開発をしていく」ですね。

Androidの開発は、Google社が定めるガイドラインからそれればそれるほど、実装に時間がかかります。

そして、長く開発していて分かったのは、Google社のガイドラインに沿って開発することで、ユーザーの利用率が上がります。「ユーザーがより満足できるサービスが開発できるので、ガイドラインから無理にそれる必要はない!」と思い、僕たちは、極力ガイドラインからそれないように開発を行っています。

f:id:vasilyjp:20170223162646j:plain

なるほど。この9個に、長期で開発をしていく上で大切なことが揃っているんですね。

そうですね。結局のところ、「ムダなコードは書かない・シンプルに作る・他のメンバー(未来の自分)のことを考えて作る」ということが、長期にわたり円滑に開発を行っていく上でとても大切なことだと考えています。

Androidが発表されてから早10年、現在では世界で一番使われているモバイルOSになりました。これから長く使われるアプリも多くあると思いますが、もし上記に当てはまらなかった場合、ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。


 にっしーさん、ありがとうございました!

 VASILYでは、個々の技術と密なコミュニケーションでハイクオリティーなサービスの開発を行っています。

Google社からトップデベロッパーの認定も受けているVASILYの技術者たちと、あなたも一緒に開発をしてみませんか?

現在、Androidエンジニアをはじめ、エンジニアインターンを絶賛募集中です!

 ご応募お待ちしております!

【お問い合わせ】
株式会社VASILY 広報
press@vasily.jp

【VASILY Weekly Report】2017/02/13-2017/02/19

VASILY WeeklyReport 2017/02/20

こんにちは、広報の坂井です。

先週、とうとう春一番が吹きましたね!(暖かくなるのが楽しみすぎて、天気の話ばかりですみません…。)社内ではさっそく、何名か花粉症で苦しんでいる様子です。

さて、2月13日〜19日の【VASILY Weekly Report】をお届けします!

テックブログ

今週のテックブログは『形態素解析とNgramを併用したハイブリッド検索をSolrで実現する方法』、担当はバックエンドエンジニアの塩崎です。

tech.vasily.jp

iQONのブランドやアイテムなどの検索機能で、商品がより見つかりやすくなるように改善した手法を紹介しています。

このテックブログを非エンジニア目線で質問して、分かりやすく解説してもらった記事もありますので、ビジネス・デザイン職の方などぜひご覧ください!

company.vasily.jp

 

掲載報告

PEACH JOHN THE MAGAZINEでiQONが紹介されました!

2月15日(水)、PEACH JOHN THE MAGAZINEでiQONが紹介されました。

『オシャレ女子必見!スマホに入れておきたい女性向けアプリ特集☆#117』という記事で、今日のコーデに悩まない「ファッションコーディネートアプリ」として登場しています。

iQONの使い方や便利な機能を紹介しているので、ぜひこちらを読んで更にiQONを楽しんでくださいね!

mypj.peachjohn.co.jp

 

■I/O(アイオー)でエンジニア塩崎の低温調理機が紹介されました! 

2月18日(土)発売、自作派のためのコンピュータ技術情報誌『I/O(アイオー)』で、エンジニア塩崎の低温調理器具が紹介されました!

f:id:vasilyjp:20170219133230j:plain

新年会で塩崎が自作した低温調理器具とても話題になっています!

塩崎が書いたブログはこちらです。

tech.vasily.jp

 

登壇報告

デブサミ2017でCTO今村が登壇しました!

2月16日(木)、17日(金)に行われたDevelopers Summit(通称:デブサミ2017)でCTO今村が登壇しました。

株式会社TO NINE/吉岡 芳明氏を司会者とし、株式会社ビームス/関根 修二氏とともに『ファッション業界を変える、顧客体験の見える化とテクノロジーによる「おもてなし」』というタイトルでトークセッションを行いました。

f:id:vasilyjp:20170217121334j:plain

company.vasily.jp

 

■Speee Cafe Meetup #05でCTO今村が登壇しました!

同じく登壇のご報告です。2月17日(金)『Speee Cafe Meetup #05』で今村が登壇してきました。『3年連続ベストアプリ受賞のプロダクトを支える開発の裏側』というタイトルで、日頃VASILYどのように開発を行っているかを紹介しました。

f:id:vasilyjp:20170219134611j:plain

 

登壇のお知らせ

■Geeks Who Drink - Atlassian × Increments × Nulab

2月24日(金)19時より、『Geek Who Drink』-Atlassian × Increments × Nulab で登壇します。Increments社が提供するQiitaのユーザーグループ代表として、企業としてのツールの活用事例を紹介致します。

nulab.connpass.com

 

■CAMPFIRE GrowthHack #1

2月28日(火)ヤフー株式会社主催の『CAMPFIRE GrowthHack #1』にて、CEO金山が登壇します。

グロースハックにフォーカスしたmeetupで、グロースハックの熱量が高い4社で登壇します。ぜひご参加下さい!

yj-meetup.connpass.com

 

VASILY-Yeah!

先週VASILY-Yeahのチャンネルに投稿された回数は8回でした。一部ご紹介します。

■iQONウェブページの改修

PEACH JOHN THE MAGAZINEやI/Oの掲載報告

 

 

採用情報

VASILYでは、ディレクターの募集を開始しました。現在鋭意開発中の新規サービスや自社サービスであるファッションアプリ「iQON」のプロダクト改善、プロジェクトマネジメントを担う責任者候補を大募集。VASILYのエンジニアやデザイナーと共に、サービスを盛り上げていきましょう!

 

その他の職種も新卒・中途問わず絶賛募集中です!気になる方は、ぜひ一度オフィスへ遊びに来てくださいね!

www.wantedly.com

【お問い合わせ】
株式会社VASILY 広報
press@vasily.jp

デブサミ2017で、CTO今村が登壇しました!

CTO 登壇 デブサミ2017

こんにちは、広報の坂井です。

2月16日(木)17日(金)、目黒雅叙園にてDevelopers Summit(通称:デブサミ2017)が開催されており、初日の16日(木)にCTO今村が登壇しました!

f:id:vasilyjp:20170217120250p:plain

今村は『ファッション業界を変える、顧客体験の見える化とテクノロジーによる「おもてなし」』というタイトルで、株式会社TO NINE/吉岡 芳明氏を司会者とし、株式会社ビームス/関根 修二氏とともに登壇しました。

『テクノロジー×トレンド』というテーマでは、VASILYの事例として、データを活用したテクノロジーや、これから注力していきたい分野であるVRについてを紹介しました。

f:id:vasilyjp:20170217121334j:plain

アパレル事業者、アプリデベロッパーというそれぞれの視点と事例を織り交ぜながら、テクノロジーとアプリケーション開発者が持つ可能性について語られ、ファッションとテクノロジーを融合させた今後への期待が高まるセッションとなりました。

セッション終了後には、登壇した3名で記念撮影も!

f:id:vasilyjp:20170217121305j:plain

初日の朝イチにも関わらず、たくさんの方にご来場いただきありがとうございました!

 

VASILYでは現在、エンジニアインターンを大募集中です!テクノロジーの力でイノベーションを起こし、ユーザーへより便利なサービスを届けるために、VASILYで挑戦してみませんか?

ご応募お待ちしております!

 

【お問い合わせ】
株式会社VASILY 広報
press@vasily.jp

検索機能の精度向上でもっと商品が探しやすく!〜テックブログが公開されました〜

VASILY テックブログ エンジニア

こんにちは、広報の坂井です。

本日2月16日(木)、テックブログが公開されました!

タイトルは『形態素解析とNgramを併用したハイブリッド検索をSolrで実現する方法』、担当はバックエンドエンジニア塩崎です。

tech.vasily.jp

f:id:vasilyjp:20170215202040j:plain

今回もさっそく、分かりやすく解説してもらおうと思います。しおちゃん(社内での塩崎のニックネーム)、よろしくお願いします!


 ー しおちゃん、よく登場しますね!(今月だけで2回目!)素晴らしい。今回、申し訳ないのですがタイトルから全く分からず…このブログ、どういった内容なのでしょう?

iQONのブランドやアイテムなどの検索機能で、商品がより見つかりやすくなるように改善した話です!例えば、「JIMMY CHOO」というブランドを探したいとき、「ジミー」「JIMMY」などの部分的な検索でも、精度の高い結果が表示されるようになりました。

 

なるほど、それはどうやってやったんですか?

テキストの検索を高速に行うためには、文章を単語に区切る必要があります。この単語に区切る方法としてこれまでは「形態素解析」という手法だけを活用していましたが、最近「Ngram」という手法も併用した検索方法に改善しました。

 

それぞれについて簡単に教えてもらえますか?

まずはシンプルな機能を持ったNgramから説明します。

Ngramは、文章を決まった文字数ごとに分解する手法です。例えば、N=2にしたとき、1つの長い単語を2文字ずつに区切ります。

例として「東京都に行く」という言葉をデータベースに登録したとき、自動で「東京」「京都」「都に」「に行」「行く」と区切ってくれます。

部分一致検索が必ずできるということが利点である反面、欲しくない余分な情報まで出てしまいやすいという欠点があります。

例えば、「京都」で検索したときも、この「東京都に行く」がヒットしてしまいます。

 

形態素解析は?

形態素解析は、文章を文法的に意味のある単位で単語に分割する手法です。

例えば、「東京都に行く」という言葉を登録すると「東京都」「に」「行く」と区切ってくれます。

「京都」で検索してもこの文章はヒットしないので、不要な情報が出ることは少ない反面、「東京」で検索してもヒットしなくなってしまうという欠点があります。(「東京都」で区切ると認識されているため)

単語区切りの精度が悪いと、それは検索精度の悪化につながります。この両方を活用することで、より精度の高い検索結果が表示されるようになりました。

f:id:vasilyjp:20170215215616j:plain

それを両方使うと混乱する気がするのですが…、どうして検索の精度向上につながるんですか?

良い質問ですね(笑)何も考えずに両方の手法を使うと、精度は悪化してしまいます。それぞれの特徴を考慮した上で併用すると、それぞれの欠点を補い合いながら精度の高い検索結果を表示することができるんです。

具体的には、検索結果を表示するとき、はじめの方に形態素解析を用いた結果を表示して、徐々にNgramを用いた結果を混ぜている、といった感じです。

 

どうして先に形態素解析なんでしょう?

先程お話した通り、形態素解析のほうが不要な情報が出づらいという利点があるので、はじめに形態素解析の結果を表示した方が、ユーザーの探しているものに正確に対応することができます。

そして、そこから漏れてしまった情報をNgramによって補って表示しています。

なるほど!ユーザーから見ると、検索結果がより充実して見れるようになっていますね♡


 しおちゃん、ありがとうございました!

ユーザーの皆さまにより楽しんでいただけるよう、VASILYエンジニアは日々新しい技術と向き合いながらサービスを成長させています。

最新技術を駆使しながら自身のエンジニア力も高められるVASILYで、一緒に働いてみませんか?

2月からエンジニアインターンの募集も始まりました!ご応募お待ちしております。

【お問い合わせ】
株式会社VASILY 広報
press@vasily.jp

【VASILY Weekly Report】2017/02/06-2017/02/12

VASILY WeeklyReport 企業ブログ

こんにちは、広報の坂井です!

弊社のオフィスは目黒川沿いにあるのですが、先日ランチに外へ出ると…、

f:id:vasilyjp:20170208143711j:plain

春の気配が♡風はまだまだ冷たいですが、暖かくなるまでもう少しの我慢ですね!

それでは、2月6日〜2月12日の【VASILY Weekly Report】をお届けします!

 

テックブログ

今週のテックブログは、Rubyの開発者で弊社技術顧問でもある、まつもとゆきひろ氏のインタビューです!これからエンジニアとして活躍したい学生の皆様に向けたメッセージをいただきました。多職種でこれから就職活動をはじめる方、インターンを希望している学生さんも必見の内容です。

 

tech.vasily.jp

 

社員インタビュー/デザイナー半澤

社員インタビュー、第3回はデザイナー半澤の登場です!2015年新卒でVASILYに入社した半澤が、デザイナーの道を選んだきっかけや、デザインに対する思いを語ってくれました。

company.vasily.jp

 

お知らせ

2月はCTO今村の登壇が続きます!お時間の合う方はぜひお越し下さい。

Developers Summit 2017

2月16日(木)、Developers Summit 2017(通称:デブサミ)で登壇します。10:00からD会場にて『ファッション業界を変える、顧客体験の見える化とテクノロジーによる「おもてなし」』というタイトルで、株式会社TO NINEの吉岡 芳明氏、株式会社ビームスの関根 修二氏とともにセッションを行います。

event.shoeisha.jp

 

■Speee Cafe Meetup #05

2月17日(金)、Speee社主催の『Speee Cafe Meetup #5』で同じくCTO今村が登壇します!Speee社、ベーシック社、ごちぽん社、VASILYの4社で、各社がどんな技術を、どういう場面・どういうプロダクトで使用しているかを発表していく技術勉強会です。

speee.connpass.com

 

■Geeks Who Drink - Atlassian × Increments × Nulab

2月24日(金)19時より、『Geek Who Drink』-Atlassian × Increments × Nulab で登壇します。Increments社が提供するQiitaのユーザーグループ代表として、企業としてのツールの活用事例を紹介致します。

nulab.connpass.com

 

VASILY-Yeah!

 今週VASILY-Yeah!チャンネルに投稿された回数は6回。一部ご紹介します。

まつもとゆきひろ氏のインタビューがはてなブログのホットエントリーに!

7日(火)に公開したまつもとゆきひろ氏のインタビューが、はてなブログのホットエントリーに載りました。ご好評いただいているこちらの記事、ぜひご覧ください!

f:id:vasilyjp:20170208113739p:plain

■iQONウェブページの改修

■サービスの訪問数が過去最高に!

などの投稿でした。サービスに関しては、2月中に新たにお知らせできることもありますので、お楽しみに!!

 

採用

エンジニアインターンの募集を開始しました。これからエンジニアとして活躍していきたい学生の皆様、まずは実践型インターンでスキルを磨いてみませんか?ご応募お待ちしております!

新卒・中途の採用も引き続き行っています。一緒に、ファッションに関する世の中の課題解決に挑戦して下さる方、お待ちしております!!

www.wantedly.com

【お問い合わせ】
株式会社VASILY 広報
press@vasily.jp

【社員紹介インタビュー】ユーザーの声をまっすぐ受け止める。〜デザイナー半澤が大切にするデザイン作りの軸〜

VASILY 社員紹介インタビュー デザイナー

こんにちは、広報の坂井です。

日々気温の変化が大きいこの時期、体調管理が難しいですよね。皆さん体調くずされないようにお気をつけてお過ごしくださいね!

さて、第3回【社員紹介インタビュー】をお届けします!今回はデザイナー半澤の登場です。

2015年新卒でVASILYに入社した半澤が、デザイナーの道を目指したきっかけや、デザインに対しての思いを語ってくれました。


 PROFILE

半澤早季。福島県出身。武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科卒業。学生時代にVASILYのインターンシップを経験。2015年新卒入社。現在、デザイナーとして活躍中。

f:id:vasilyjp:20170206200920j:plain

人に喜んでもらえることの感動からデザインの道へ

まず、過去のお話から聞かせてください。いつごろからデザインや絵を描くことに興味があったんですか?

幼い頃から絵を描くのが好きでした。当時はドラえもんが好きで、ひみつ道具や漫画を模写していました。小学生くらいって、絵が上手いとクラスの人気者になったりするじゃないですか?(笑)学校に持っていくと皆がすごく喜んでくれるのが嬉しくて、描くモチベーションになっていましたね。

 

分かります!(笑)休み時間になると上手に絵を描く子がいて、すごく憧れていました。それからずっと絵を描くことが好きで、中高でも続けていたんですね?

はい、高校入学時には既に美術大学への進学を目指していたため、画塾に通っていました。

 

美術大学には様々な学科があると思いますが、デザイン情報学科を選んだのはどうしてでしょうか?

作品で自己表現するより、作品を通して誰かに楽しんでもらうことが好きだったので、デザイン系の学部に進学しようと考えていました。
中でもデザイン情報学科では、ウェブはもちろん、映像や3DCG、インスタレーションにプリントメディアなど、幅広く表現を学べることから進学を決めました。

大切にしている気持ちをいかせる職場を求めて

大学時代から様々な企業でインターンの経験を積んでいたようですが、VASILYのインターンに来てみていかがでしたか?

まさに挑戦できるフィールドで、とても充実していました。デザインについて1から教えてもらったので、それが今の自分の基盤にもなっています。VASILYでは、インターンが作ったクリエイティブをサービスで使ってもらえたので嬉しかったです。自分が作ったものを実際に世に送り出し、iQONなどで見ることができたときは感動しましたね!

 

社員とのコミュニケーションも多いですし、インターンといっても社員と同じように実務に挑戦してもらっていますもんね。その後、VASILYへ入社の決め手はなんでしたか?

インターンで一緒に働くうちにどんどん社員に魅力を感じたことと、人に喜んでもらえるデザイン作りに携わることができる、という点ですね。

就職活動では、おもちゃやゲームのデザインをする企業や、IT企業を受けようと考えていました。

そんな中、インターン中に代表の金山が言っている言葉の数々にものすごく熱を感じたんです。金山がよく「世の中をもっと便利に!進化に貢献する!」などと言っており、そのストレートで熱いメッセージが刺さりました。

そういう想いが、自分が軸にしていたことと近いように感じたんです。ここならまさに、自分が目指しているものがやっていける、と。

f:id:vasilyjp:20170206201028j:plain

ユーザーの声を汲み取り、愛されるサービスを目指す

実際に入社をしてから、業務の中で何か印象的なことはありますか?

デザインしたものに対して明確なKPIを持ち、自分で計測を行うようになったことです。

学生の頃は、自分でデザインしたものを数値を根拠にデザインを振り返ることをあまりしていませんでした。

VASILYに入社してから、バナーのCTRなど計測するようになったことで、自分が作ったクリエイティブをあいまいな感覚ではなく数値をもとに振り返られるので、改善点が明確になりました。
改善を重ね数値が良くなっていくのを見ていると、やる気にもつながります。

 

デザインという一見数値では測れないものを、細かく分析して改善していくというのはとても良いことですよね!では、最後に、これからどんな方と一緒に働きたいですか?

ユーザーとまっすぐ向き合っていける方とご一緒したいです!もちろん、ポジティブな声だけでなく、ネガティブなものも届きます。でも、その声をまっすぐ受け止めて、改善していけることで、より愛されるサービスを作っていけるのだと実感しています。

たくさんの人に喜んでもらいたいデザイナー大募集中です!!(笑) 


ありがとうございました!

ユーザーの声に耳を傾け愛されるサービスを目指す彼女は、VASILYにとって欠かせない存在になっています。

あなたも、VASILYで「たくさんの人に喜んでもらえる」サービス作りに挑戦してみませんか?

現在、デザイナーをはじめ、各職種で社員・インターンを募集中です!気になる方はぜひご応募下さい。

お待ちしております!

www.wantedly.com

【お問い合わせ】
株式会社VASILY 広報
press@vasily.jp

【VASILY Weekly Report】2017/01/30-2017/02/05

VASILY WeeklyReport 2017/01/30

こんにちは!広報の坂井です。

1月30日〜2月5日の【VASILY Weekly Report】をお届けします!

 

*『DiFa』に、CEO金山インタビューを掲載していただきました!

1月31日(火)、デジタルテクノロジー✕ファッションに特化したウェブメディア『DiFa』にCEO金山のインタビューを掲載していただきました。

『デザインとテクノロジーで課題解決を図るために必要な3つの“I”とは?』と題し、「ファッションの楽しみ方を伝える」と共に「売上を作る」というマーケットの本質的な課題解決に注力するVASILYの、今後の方向性などを語っています。

company.vasily.jp

 

*『販促会議』に、CEO金山の寄稿文を掲載していただきました!

DiFaに続き、2月1日(水)には、『販促会議』にCEO金山の寄稿文を掲載していただきました!

こちらは、巻頭特集『集客力の強化 実店舗の訴求力を高めて顧客拡大』にて、実店舗で販促施策としても活用が増えているスマホアプリがダウンロードされるための極意を、iQONの事例を用いて紹介しています。

company.vasily.jp

 

*e-Agencyブログに金山が登場!

株式会社e-Agency様のブログで金山が登場しました。昨年のアドテック登壇でご一緒させていただいた同社取締役野口様と『最新グロースハック術をしゃべり尽くす~アプリ編~ :アドテック東京2016│株式会社イー・エージェンシー』というタイトルで行われたトークセッションのレポートです!

 

*テックブログ

今週のテックブログは、フロントエンジニア権守が担当。

『デザインデータに忠実にCSSコーディングするためのテクニック』というタイトルで、iQONのPC・スマホサイトを構築する上で、デザインデータに忠実なCSSコーディングをどのように実現しているかを紹介します。

f:id:vasilyjp:20170203164253j:plain

tech.vasily.jp

また、こちらのテックブログを、私が非エンジニア目線で質問し解説してもらっているブログもありますので、ビジネス・デザイン職の方はぜひ合わせてご覧ください!

company.vasily.jp

 

*今週のVASILY-Yeah!

今週、slackのVASILYチャンネルに投稿された回数は13回!

■サービスの1日の訪問数が過去最高に!

■各媒体の掲載報告

■掲載ECストア様の追加

など、嬉しい投稿が続きました。

 

*採用情報

VASILY冬期インターンはまもなく募集が終了!短期インターンでも十分に成長を感じたい方、ぜひご応募下さい!

 

各職種で正社員も大募集中です、自分にピッタリの職種を見つけてご応募くださいね♡お待ちしております!

www.wantedly.com

 

【お問い合わせ】
株式会社VASILY 広報
press@vasily.jp