【お知らせ】『IBIS2016』にVASILYが参加しています!

本日11月16日〜19日まで京都大学 吉田キャンパスにて行われている機械学習に関する日本最大の学際的フォーラム『第19回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2016)』にVASILYが参加しています!

f:id:vasilyjp:20161116163335p:plain

IBISホームページはこちら

第19回を迎えたIBIS、今回のテーマは「ブームを乗り越える」です。
今後の継続的な発展に必要なしっかりとした土台となる基礎理論、ビジネス・社会問題などの実世界で価値を生み出すための技術、そして現在の機械学習が不可能なことを可能にするための新たなアイデアを議論していきます。(IBISホームページより)

VASILYからはデータサイエンティスト後藤・中村の2名が参加!
「VAEとGANを活用したファッションアイテムの特徴抽出と検索システムへの応用」というテーマで、VASILYで研究開発を行っている技術について紹介しています。

【VASILY発表概要】
■テーマ
VAEとGANを活用したファッションアイテムの特徴抽出と検索システムへの応用

■発表者
後藤亮介(株式会社VASILY)、中村拓磨(株式会社VASILY)

■概要
本研究では、画像と属性情報をクエリとする新しいファッションアイテム検索システムを提案する。
ファッションアイテムは視覚的な情報を要素とする高次元データであるため、既存のキーワード検索で目的のアイテムを探すことが困難である。
そこで,画像と属性情報を入力とする生成モデルを用いて潜在ベクトルを抽出し、検索に利用することで感覚的な表現を検索結果に反映するシステムを実現した。

f:id:vasilyjp:20161116165200p:plain


会場での様子や詳細については、また後ほどご紹介致します。
お楽しみに!

採用についてはこちら

お問い合わせ[info@vasily.jp] 坂井