細かなルールを定めて最高のパフォーマンスを発揮!〜テックブログが公開されました〜

こんにちは、広報の坂井です。

本日4月19日(水)、テックブログが公開されました!

タイトルは『開発にもっと優しさを - iOSアプリの実装規約について』、担当はiOSエンジニアの遠藤です!

tech.vasily.jp

f:id:vasilyjp:20170418192532j:plain

いつも通り、どんなことが書いてあるのかを非エンジニア向けに解説してもらいました!


 ー よろしくお願いします!まず、今回の記事は、どんなことが書いてあるのでしょうか?

今回は、VASILYのiOSチームでの実装規約を紹介しています。

読者の皆さまは、「コーディング規約」という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?これはプログラミングの際に言語ごとにルールを決めたものです。

例えば、iOSではSwiftという言語をよく使うので、「Swiftコーディング規約」などを各企業ごとに作っていたりします。

VASILYではコードの書き方だけでなく、チームで開発・実装していく上で重要なチーム内のルールも含めて「実装規約」として定め、運用しています。

 

コーディング規約以外にもルールを定めることで、どんな利点があるのでしょうか?

VASILYの実装規約は、「コードの統一・パフォーマンスの向上・メンテナンスの向上」を目的に作っています。

コードの書き方を統一する他、アプリのレイアウトの位置・色の設定まで細かくルールを決めることで、個人ごとの癖がなくなりパフォーマンスが向上するだけでなく、メンテナンスの際の負担も軽減されます。

 

なるほど。ずいぶん細かくルールを決めているんですね!

はい、例えば「アプリのレイアウトで使用するコードの順番」や「アプリで表示する処理の書き方の指定(Swiftでは何種類か書き方がある為、より短時間でコードからアプリに変換できる書き方を採用しています)」など、かなり細かく定めています。

一見大変なことのようですが、これを決めることで個々人のパフォーマンス向上につながっていますし、後から入社された方でもジョインしやすいような仕組みになっています! 


ありがとうございました。

細かなルールは、決めることも守ることも大変なように感じますが、これを行うことでサービスの品質を保っているんですね! 

 

VASILYではエンジニアを始め各職種で新卒・中途社員を募集中です!最高のパフォーマンスを発揮しながら新規事業にもトライしてみませんか?

ご応募お待ちしております!

www.wantedly.com

【お問い合わせ】
株式会社VASILY 広報担当
press@vasily.jp