文章校正の自動化で効率的なブログ運用!〜DEVELOPERS BLOGが公開されました〜

こんにちは、広報の坂井です!

本日5月1日(月)、VASILY DEVELOPERS BLOGが公開されました。

Androidエンジニア堀江による『Qiita:Team + Hubot + textlintで文章校正を自動で実行する』です!

tech.vasily.jp

f:id:vasilyjp:20170428160205j:plain

今回も、非エンジニア向けに解説してもらいました!


 ー まず、今回の記事ではどんなことが書いてあるか教えていただけますか?

botを利用して、文章校正の実行を自動化する試みについて紹介しています。

VASILY DEVELOPERS BLOGは、VASILYのエンジニアが交代で更新しています。記事に何を書くかは各エンジニアの裁量に任されていますが、公開前に社内でレビューをすることで質の高い記事を公開できるよう努めています。

レビューをする際には「誤字脱字・文法上の間違いが無いか」や「間違った情報が無いか」などチェックを行っています。このうち、誤字脱字・文法上の間違いは、文章校正ツールでチェックすることが可能ですが、忘れる事も多いので自動的に文章校正を実行できる仕組みを作りました。

これによって、文章そのもののより本質的なレビューに時間を割くことができます。

 

便利過ぎますね…どのように行っているんですか?

記事がQiita:Teamに投稿・更新されると、文章校正を自動で実行するようにしています。

具体的には、記事が投稿されるとWebhookという外部サービスと連携できる機能を使い、Hubotというbotが記事の本文を取得します。これをHubotがtextlintというソフトウェアで文章校正をする仕組みです。

textlintは、技術書向けの文章を校正できるようカスタマイズができるので、とても使いやすいですよ!

 

なるほど。実際に使ってみてどうでしたか?

以下の画像が、実際に使ってみた結果です。このように、機械が自動で校正することによって人の手間を減らすだけでなく、抜け漏れを防いでいます。

f:id:vasilyjp:20170430195158p:plain

 ー これは凄い!カンパニーブログ用にもぜひお願い致します!(笑)


ありがとうございました!

VASILYでは、技術を用いて様々な業務を自動化することで、より業務に集中できる環境を作っています。

思う存分コードを書いて、実力を発揮しませんか?本日から、第2新卒エンジニアの募集を開始しました!気になる方は、こちらからご応募下さい!お待ちしております!

 

【お問い合わせ】
株式会社VASILY 広報担当
press@vasily.jp