読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VASILY新クローラーシステムの中核をご紹介!〜VASILY DEVELOPERS BLOGが公開されました!〜

こんにちは、広報の坂井です。

本日5月12日(金)、VASILY DEVELOPERS BLOGが公開されました。

タイトルはApache Mesos / Marathon を本番で運用するための5つのTips』、担当はインフラエンジニアの光野です!

tech.vasily.jp

f:id:vasilyjp:20170511142316j:plain

さて、今回も非エンジニア向けに解説してもらいましょう!


 ー 今回は、どのような内容なのでしょうか?

まずはおさらいですが、前回は新しく導入したクローラーの仕組み全体について紹介しました。前回の記事については、以下をご覧下さい。

company.vasily.jp

今回はその新クローラーシステムの中でも中核をなす「Apache Mesos」と「Marathon」というソフトウェアを具体的にどう使っているかについて紹介しています。

この2つについて、「使ってみた」という程度の情報は簡単に見つかるのですが、では具体的に本番環境でどのように使うかという実例はあまりありません。

今回の記事では、実際に本番で運用してみて得た知見について、それを「〜したい」時にはこういうやり方がある、という形で紹介しています。

 

ー なるほど。その「Apache Mesos」と「Marathon」とは?

Apache Mesos」とは、複数のサーバーを大きな1台のサーバーとして見ることができるソフトウェアです。Apache Mesosに対してタスクを依頼すると自動でどのサーバーを使うかを決め、実行してくれます。利用者は複数のサーバーを効率的に使うことができるようになります。

Marathon」とは、依頼したタスクの状態を保ち続けてくれるソフトウェアです。例えば、「企業のホームページを表示する」というタスクが異常終了してしまったとします。Apache Mesosはそんな時「異常終了した」と言うだけで何もしません。ホームページが見えなくなってしまいます。

Marathonを使うと、そんなApache Mesosで異常終了したタスクを自動的に再起動することができます。名前の由来は運動のマラソンです。コケても諦めずに起き上がって走り出します。

 

ー 便利ですね!この2つが鍵になっているのですね。

はい、どちらもVASILYの新クローラーシステムを作るのに無くてはならない存在です。これらが無ければ決して同じものはできなかったと思います。

 

ー ありがとうございます!余談ですが、光野さんはいつも日報(VASILYでは全社員が毎日行ったタスクや嬉しかったことなどを日報という形でQiitaに投稿しています。)に可愛い犬や猫の写真を添えてくれますよね。その画像が書いてある内容ともマッチしていて、とても癒やされています!(笑)

f:id:vasilyjp:20170512102510p:plain

そう言ってもらえると嬉しいです。(笑)

上の写真のようにデスク周りも割とキャラクターを置いたりしていて、単純に可愛いものが好きなんです。それで他の社員の皆さんに喜んでもらえたり、その写真について盛り上がったりできるとコミュニケーションにもなって良いですよ!


ありがとうございました!

膨大な量の情報を、速く正確に収集するために必要不可欠な技術について紹介しました。このように、VASILYでは日頃から最新技術を積極的に取り入れながら業務を行っています!

現在、18年卒の新卒社員を大募集中です!気になる方はぜひ一度、オフィスへ遊びに来てくださいね。

ご応募お待ちしております!

【お問い合わせ】
株式会社VASILY 広報担当
press@vasily.jp