【社員紹介インタビュー】技術的チャレンジをし続ける〜インフラエンジニア光野が考えるサービスの基盤作り〜

こんにちは、広報の坂井です。

本日は第6回【社員紹介インタビュー】をお届けします!今回はインフラエンジニア光野の登場です。

大企業からスタートアップへ転職して活躍する彼に、転職のきっかけや現在の気持ちを語ってもらいました。


PROFILE

光野達朗(みつの たつろう)。島根県出身。九州大学芸術工学部芸術情報設計学科を卒業後、同大学大学院芸術工学専攻に進学。修士課程修了。2012年、新卒でヤフー株式会社に入社。2016年4月、VASILYへ中途入社。現在インフラエンジニアとして活躍中。

f:id:vasilyjp:20170622124325j:plain

人に喜んでもらう喜びを知りエンジニアの道へ

ーまず、いつからエンジニアという仕事に興味を持ったのか教えていただけますか?

昔からPCを触るのが好きで、中学時代に自宅のPCで簡単なコードを書き始めたのがはじまりです。高校を選ぶときも変わらず興味があったので高等専門学校に入学し、情報工学を学びました。高専卒業後は大学に編入し、大学では芸術工学を学びました。

 

情報工学と芸術工学の違いはどんな所でしょうか?

情報工学では計算機に関する知識や技能を学びますが、芸術工学はそこに人の要素が加わります。「誰かに欲しいと思ってもらえる物を作れる技術者になれ」とよく言われました。その為、講義の半分はは色彩学や文化史といった人にまつわるものでした。

 

ー なるほど。そしてエンジニアの道へ…

はい。きっかけは、学生時代のアルバイトです。Webサービスを作る機会があり、とにかく過酷でした。(笑)

しかし、それ以上に「便利になった。ありがとう」と喜んでもらえた時の達成感が大きく、とてもやりがいを感じました。

何かを作って誰かに使ってもらうということに強く喜びを感じたので、エンジニアという道を選びました。

f:id:vasilyjp:20170622124344j:plain

現状に満足せず更なる高みを目指す

ー 転職を考えたきっかけがあれば教えていただけますか?

2つあり、1つはもっともの作りに時間が使いたいと感じたからです。前職は人数が多い分、どうしても調整やミーティングに多くの時間が割かれてしまったり、1つのプロジェクトが長期になりがちなため、会社の状況によっては作っていたサービスがリリースできなくなってしまうこともありました。

また、当時新規Webサービスの立ち上げでAWSに触れることがあり、プログラムそのものよりも、それを動かす仕組みであるインフラを作ることにとてもやりがいを感じたので、それができる場所にいこうと思ったのが1つ目の理由です。

 

ー なぜVASILYを選んだのでしょうか?

これは感覚的な話になってしまうのですが、“1番しっくりきた”というのが理由です。

何社かオフィス訪問をしましたが、VASILYは1番最初の企業でした。そして、その後数社見た中でも1番しっくりきた企業でした。

元ヤフーの社員も多かったので、当時感じていたことが解消されているような感覚がありました。

 

ー では、現在の業務内容ややりがいを教えてください。

インフラの管理・運用・改善を行っており、AWSなどのIaaS(アイアース)上でサービスの基盤を作っています。

やりがいは大きく分けて2つあり、1つは常に最新技術に触れ、活用していけるところです。インプットの都度、すぐにチャレンジできる環境はとてもやりがいがあります。

2つ目は成果が目に見えることです。自分の行動の結果が、運用費用・サービスの速度といった定量的な指標に即反映されます。それを改善することで、サービスにとってはもちろん、自分の自信にもつながるのでとても良いことだと思います。

f:id:vasilyjp:20170622124401j:plain

良いもの組み合わせて最高の基盤を作るエンジニアへ

ー 今後の抱負があれば教えてください

インフラの世界は色んな技術の詰め合わせなので、「ここしかできない」と凝り固まらずに様々な技術を活用していきたいです。

技術には新しいものもあれば古いものもありますが、そのどちらかという判断ではなく、“良いもの”を組み合わせて使っていけるインフラエンジニアになりたいです。

 

ー それでは最後に、これからどんな方と一緒に働きたいでしょうか?

まずは、“物作りが好き”であることが大切だと思います。そして、“現状に満足せず『良いものを更に良くするには?』を考えられる”方と一緒に働けると良いなと思っています。

また、“様々な技術を見て、良いものは良いと自信を持って選んで組み合わせられる”方だと尚の事嬉しいです。最新技術も気兼ねなく試すことができ、自己の成長につながるこのフィールドで、活躍していただける方をお待ちしております!


光野さんありがとうございました!

VASILYのエンジニアマニフェストには“技術的チャレンジをし続ける”というものもあり、常に自己の成長につながるようなチャレンジをすることが推奨されています。

VASILYでは、一緒にサービスの基盤を作るインフラエンジニアを大募集中です!気になる方はぜひ以下からご応募下さい!お待ちしております。

【お問い合わせ】
株式会社VASILY 広報担当
press@vasily.jp