技術を活用して業務を効率化!〜VASILY DEVELOPERS BLOGが公開されました〜

こんにちは、広報の坂井です。

本日9月1日(金)、VASILY DEVELOPERS BLOGが公開されました。

今回のタイトルは“CloudFormationとOpsWorksでインフラを育てる”。担当は、インフラエンジニアの光野です。

tech.vasily.jp

f:id:vasilyjp:20170831174035j:plain

さっそくインタビューです!

ー 今回はどういう内容でしょうか?

VASILYでは、数ヶ月前にネットワークの構築と管理にAWS CloudFormationとAWS OpsWorksを導入しました。

今回は、その効果と導入に際しての工夫について紹介しています。

AWS CloudFormationとAWS OpsWorksとは、どのようなものでしょうか?

AWS CloudFormationとは、AWSというサービスでネットワークの構築を自動化するためのものです。

AWS OpsWorksは、Chefという仕組みを使ってサーバーの構成管理を行ってくれるサービスです。

ー では、その2つを導入してどんな効果がありましたか?

CloudFormationとOpsWorks導入で大きく3つの効果がありました。

1つ目は再利用性の向上です。これまでネットワークの管理は、管理画面を開いて1つずつボタンを押していくような、手動で行われていました。これをテキストによって、一括で表現できるようになりました。

1度作ってしまえば前のテキストを再利用できるため、その後の運用が楽になりました。

2つ目はノウハウの蓄積です。これまでは自分の頭の中あるいはQiitaなど別のファイルに保存しなくてはならなかったノウハウが、1つのテキストに集約されました。テキストの本文中にそのままコメントを残せるため、気軽に見ることができてとても便利です。

3つ目は履歴管理です。手動で作業していた時は、いつ誰がどのように更新したのかは把握できませんでした。それがテキストになったことにより、いつ誰がどこをどのように更新したのか、全て履歴が残るようになりました。

ー 今、インフラエンジニアは光野さん1人ですが、今後どのような方に入ってきていただきたいですか?

まずは、“物作りが好き”であることが大切だと思います。そして、“現状に満足せず『良いものを更に良くするには?』を考えられる”方と一緒に働けると良いなと思っています。

また、“様々な技術を見て、良いものは良いと自信を持って選んで組み合わせられる”方だと尚の事嬉しいです。最新技術も気兼ねなく試すことができ、自己の成長につながるこのフィールドで、活躍していただける方をお待ちしております!

最後に…

VASILYでは、サービスの基盤を作るインフラエンジニアを大募集中です!

気になる方はぜひ以下からご応募下さい!お待ちしております。

【お問い合わせ】
株式会社VASILY 広報担当
press@vasily.jp