『日経ビッグデータ』に、データサイエンティスト後藤の寄稿文が掲載されました!

こんにちは、広報の坂井です。

本日12月1日(金)、『日経ビッグデータ』の「今月のビジュアライゼーション」に、VASILYデータサイエンティスト後藤の寄稿文が掲載されました。

business.nikkeibp.co.jp

今回の分析には、IQON上で押された5900万件にのぼるLIKEのデータを活用。
“今年の黄色はかわいい? 5900万件のアプリ行動データから読み解く流行色” と題し、色と利用者の年齢、さらには時系列を軸に、年齢による好みの変化や、年ごとの流行色についてまとめています。

ちなみに記事に出てくる“今年の黄色”、私もこの色のスカートを最近購入していたので「まさに!!」という感じでした!皆様の周りにも、この色を身につけていた方がいるのではないでしょうか…?

この記事は、10日発売の『日経ビッグデータ』誌面でもご覧になれます。発行をお楽しみに!

VASILYではデータサイエンティストを募集中です。
4年連続でベストアプリを受賞したIQONをはじめ、VASILYが運営する事業に関わるビッグデータを活用し、業界にイノベーションを起こしませんか?ご応募お待ちしております!

【お問い合わせ】
株式会社VASILY 広報担当
press@vasily.jp