【社員紹介インタビュー】自分の作ったサービスがユーザーに届く充実感〜インターン劉がVASILYを選んだ理由〜

こんにちは、広報の坂井です。

本日は【社員紹介インタビュー】をお届けします。

今回は、バックエンドエンジニアインターンの劉です。現在大学1年生の彼が、VASILYインターンを通じて感じていることや、やりがいを聞いてきました!

f:id:vasilyjp:20180215193843j:plain

PROFILE

劉弘毅。東京大学教養学部前期課程理科一類在学中。中学在学時よりプログラミングに興味を持つ。現在、VASILYでバックエンドエンジニアインターンに参加中。

プログラミングをはじめたきっかけは、友人の一言

ー よろしくお願いします!現在大学1年生、若いって素晴らしいですね(笑)劉くんがプラミングをはじめたきっかけは?

中学3年生の頃、友人が「アプリ開発をしようと思う」と唐突に言い出しました。それを聞いて「そんな気軽に始められるなら自分にもできるのでは?」と、漠然と感じたのがプログラミングをはじめたきっかけです。

最初はネットにある情報を集めたり、本を読んだりして、独学でAndroidアプリを開発していました。
今思えば、情報を集めただけの未熟なアプリでしたが、はじめて自分の作ったアプリをリリースできた時、「世の中にサービスを出せた!」という充実感を感じ、プログラミングにはまっていきました。

ー なるほど、そのままのめり込んで現在に?

いえ。実は、一時期コードを書かない時期がありました。理由は単純で、部活と受験勉強です。
高校2年生から卒業あたりまでは全くプログラミングができませんでした。

ー 無事大学に合格、おめでとうございます!そしてまたコードを書き始めたんですね?

はい。アプリ開発をやっている頃から「アプリも、インターネットにつなげた方が、できることが広がる」と感じていたので、Androidではなくサーバーサイドを学ぼうと決心し、勉強をはじめました。

自分の作ったサービスがユーザーに届く充実感

ー なぜ企業のインターンに参加しようと思ったのですか?

その頃は独学だったのですが、1人だとどうしても成長に限界を感じてしまいました。自分のどこが弱みで、どこを伸ばせば良いのか、分からなくなってしまったんですよね。
「このままではまずい」と思い、Wantedlyでエンジニアとしてインターンができる場所を探しました。

ー その中でVASILYを選んでくれた理由は何でしょう?

自分が勉強したかったRuby on Railsが使える点や、実際のプロダクトに触れられる点に魅力を感じ、応募をしました。

はじめての企業訪問であり、面談だったので、ガチガチに緊張していましたが、実際に訪れるととても気さくな社員の方々が、開発についてなどフラットに会話してくれたのが印象的で、ここで働いてみたいと感じました。

ー そう思ってもらえると、社員としてもすごく嬉しいです!では、現在の業務とやりがいを教えてください。

現在は、IQONのプッシュ通知の送信基盤を改善する業務を行っています。サービス開始から長く歴史のあるIQONは、中の仕組みが古くなってきたものもあります。そういうものを改善していくことで、常にユーザーの皆様に快適にご利用いただけることを目指しています。

やりがいは、はじめて開発をした時と変わらず「自分の作ったサービスがユーザーに届く充実感」です。また、自分の開発で実際に運用されているサービスが変わっていくのが嬉しいです。
また、自分だけでは分からないような、新しい技術に触れられる点も嬉しいです。

f:id:vasilyjp:20180215193903j:plain

ー では最後に、今後の展望を教えてください。

まず小さな目標としては、今よりも技術的なテーマで、DEVELOPERS BLOGを書きたいと思っています。

大きな目標としては、将来的には自分自身の作ったサービスを世界中の人に使ってもらえるようなエンジニアになりたいと思っています。今感じている気持ちを忘れず、より高度な技術に挑戦しながら成長していきたいと思っています。

ー 期待していますね!!

最後に

今回インタビューした劉がそんな彼が、インターンに来て良かったと感じる点をまとめ、「10代エンジニアが思う、インターンに応募してよかった5つのコト」として記事を出しています。
これからインターンに参加するか悩んでいる学生の皆さん、ぜひご覧ください。

tech.vasily.jp

VASILYでは現在、エンジニアに限らず各職種で2019年卒のインターンを募集中です。
気になる方はぜひ一度、オフィスへお越しください。

お待ちしております!

【お問い合わせ】
株式会社VASILY 広報担当
press@vasily.jp