「1分で終了」がベンチャー流⁉︎VASILYの入社式レポート

4月1日、VASILYでは入社式が行われました。今年の新卒社員は3名。アシスタントディレクターの太田実希さん、エンジニアの茨木暢仁くん、データサイエンティストの後藤亮介くんです。全員入社日を待ちきれず、インターンとして既に勤務開始していましたが、当日は気持ち新たにちょっと緊張した面持ちで出勤。

左から、茨木くん、太田さん、後藤くん

そして、式は9:30にスタート。そして、「入社おめでとうございます。じゃあ今日から頑張っていきましょう。以上です」というCEOの金山の一言とともに無事終了しました。

...そうなんです! VASILYでは、入社式は1分で終了。“ベンチャーはスピード感が大切!”という、金山の想いを反映した式で、VASILYの未来を担う3人が社会人としてのスタートを切りました。

そんな3人が入社への熱い想いを語ったインタビューも公開しています。ぜひチェックしてみてください。

【VASILY2016新卒インタビュー】情熱を胸に、ワクワクするようなユーザー体験を目指す - iQONディレクター太田

 

【VASILY2016新卒インタビュー】ウェブの世界にインパクトを与えたい!- エンジニア茨木

 

【VASILY2016新卒インタビュー】データを武器に、ファッションの未来を創る! - データサイエンティスト後藤

 

ボードメンバー3人から、新卒のみなさんへのメッセージ

VASILYのボードメンバーも、新卒社員の3人に大きな期待を寄せています。3人の門出を祝うメッセージをご紹介します。

◼︎代表取締役 CEO 金山裕樹

にーば、ごっち、みきちゃん、VASILYに入社おめでとうございます。そしてVASILYを選んでくれてありがとうございます。星の数ほどある会社の中からVASILYを選んでくれたことをとても嬉しく思いますし、簡単ではないVASILYの選考を通過したことを誇りに思います。これから君たちとは1日の中で家族より、友人より、恋人よりも長い時間を一緒に過ごしていくことになるわけですが、それが3人で本当によかったと思います。

VASILYはまだまだ成長途中のベンチャーなので多くを約束できるわけではないですが、1つだけ必ず3人に約束できるものがあります。それは成長の機会です。これから仕事をしていく中で、毎日のように成長する機会を提供していくことを約束します。そしてその機会を活かし、昨日より今日、1時間前より今の自分がこれまでで最高の自分であるような人生を共に歩んでいき、仕事を通じて人類の進化に少しでも貢献できるように、行動していきましょう。

(上の写真ですが、ベンチャーらしく前列と後列の人間が右肩上がりに並んでいるのがすばらしいですね!)

◼︎CTO 今村雅幸

後藤くん、茨木くん、太田さん、入社おめでとうございます。世の中にたくさんある会社の中から、初めての会社としてVASILYを選んでくれたことを嬉しく思います。

ファッションの世界はまだまだテクノロジーでイノベーションを起こせる分野だと思います。VASILYに入ると決めたからには、僕らにしかできない形でまだ世の中で実現できていないことを色々実現していき、人々の生活をより便利にしていきましょう。心強いメンバーが増えてくれたことを誇りに思います。

◼︎CFO 千葉大

入社おめでとうございます。VASILYを選んでくれてありがとうございます。一緒に働けることを誇りに、非常に楽しみに思っています。

新卒でベンチャーに入社する一番の意義は、サービスや会社の成長と自分の成長の関連性が極めて密接であることだと思います。ぜひ、3人の成長でサービスや会社の成長を加速させて欲しいですし、全力で成長できる環境を用意しますので、思い切り楽しんでください。

僕自身、新卒で入社した会社で染み付いたマインドセット、基本動作は非常に大事だったと思っているので、3人にもそう思ってもらえるように日々、行動していきますので、改めてよろしくお願いします。 


入社式での記念撮影では、偶然、前列と後列が右肩上がりになるように並ぶというベンチャーらしい構図に。これからの3人の活躍とVASILYの成長を暗示しているかのようです。