『ReadWrite Japan』にCTO今村・データサイエンティスト後藤のインタビューが掲載されました!

海外の人気IT系サイト、ReadWrite.comの公式日本語版『ReadWrite Japan』に弊社CTO今村とデータサイエンティスト後藤のインタビュー記事が掲載されました。

「データサイエンティストが活きる場所、ファッションアプリ『iQON』開発現場とそのマネジメントのこだわりとは」と題し、データ分析とそこから生まれる高精度のレコメンド技術、それらを支える組織体制についてご紹介いただきました。

後藤は、大学院で天文学を学んでいましたが、VASILYに興味を持ちファッション分野の分析をすることになった、異色のキャリアの持ち主です。
今回はそんな彼が「何故VASILYを選んだか」という背景も紹介されています!

今村は、CTOとしてエンジニアをマネジメントをする上で意識していることについて、
「技術もそうですが、それ以上にスタンス面を重視したマネジメントを意識しています。”技術でユーザの課題を解決する”とか、”技術的チャレンジをし続ける”という、エンジニアとして大事にしないといけない項目を設定し、それがどれくらい出来たかっていうのを振り返って評価しています。そこで、自分の実力を絶対に伸ばさないといけない、とか、本質的に技術でユーザの課題を解決することを常に意識する、ということを日頃からちゃんと伝えています。弊社のエンジニアはベースがとても優秀だと思っているので、あとは正しい方向に向かわせてあげるだけなのかなと思います。」
と話しています。

6月にリリースされた、商品レコメンドコンテンツ「for You」や、「類似アイテムレコメンド」によるアイテム詳細ページなど、データサイエンスの技術は様々な面でサービスに活きています。

インタビュー全文をご覧になりたい方はこちら

VASILYでは、データサイエンティストをはじめエンジニアや、デザイナー、ビジネス職の採用も積極的に行っています!
採用についてはこちら

お問い合わせ[info@vasily.jp] 坂井